探偵は本当に事件の捜査をするのか?その仕事を詳しく解説!

探偵の仕事を知りたい人に役立つ情報サイト

事件の捜査もするの?探偵が行なう仕事内容とは?

探偵の特徴を知る

「事件」といえば「刑事事件」のイメージが大きいですよね。
こちらの事件の捜査に関しては、探偵が行なうことはできません。
このように表現すると、意外と思う人もいるかもしれませんね。
しかし、「捜査」は警察の仕事であり、探偵が関わることはできないのです。

ただし「民事事件」の調査は探偵の仕事になります。
また、警察は民事事件への介入ができないことも大きな特徴です。

探偵が仕事をするときは、依頼者からお金をもらう点にも注目されます。
しかも、1つひとつの行動をする際には、依頼者の了解を得る必要があります。
また、探偵が調査を行なうとき、その課程でできる行動に制約がでてきます。 
たとえば、スピード違反や盗聴器の設置などがあり、そのような不法行為が許されないことも知っておきたいですね。

警察との関連も把握

警察が担当するのは「刑事事件」、探偵が行なうのは「民事事件」だとわかりました。
そのため、警察と探偵とでは、できる仕事が異なります。
もちろん、警察から調査協力を依頼されることもないのです。
 
また、警察の組織は全国に及びますが、探偵の規模は小さい場合も少なくありません。
しかも「探偵業法」でできる行為は、尾行・張り込み・聞き込みに限定されるため、探偵が動ける範囲はおのずから制限されてくるのです。
ちなみに、日本では「公安委員会」への届出が受理されれば探偵になることができます。

ただし、海外の探偵は事情が異なります。
探偵はライセンス制のため、社会的ステータスが高く、警察以上の特権を持つ場合も少なくありません。
そのため、犯罪者に関するデータ保持だけでなく、拳銃の所有や犯人逮捕などもできるのです。